経済コラムマガジン 平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




10/11/15(639号)
政治家に向かない職業

  • 仙谷官房長官という人物
    筆者は、政治家になるのに一番向かない職業は弁護士であるとずっと思ってきた。ところが多くの人々は、逆に弁護士こそが法律に明るく、法律を扱う政治家にはぴったりだと誤解している。


    まず弁護士として優秀な者は、法廷における弁論によって、有罪になるべき者に無罪判決をもたらしたり、あるいは減刑を勝取る。つまり依頼人にとってより有利な判決を得るよう働くのが良い弁護士である。しかし多くの弁護士は社会正義のために弁護活動を行っているのではない。ほとんどの場合は報酬を得るためである。

    高報酬を得るためには、好き嫌いで被弁護人を選べないのが現実である。特に順番で担当することになっている国選弁護の場合、弁護士は被告人を選べない。

    筆者の知っている弁護士は、昔、「弁護の余地のない悪い被告を弁護する時ぐらい辛いことはない」と言っていた。しかしこのような時にも法律の知識や法廷テクニックを使って、被告にとってより有利な判決を引出すのが優れた弁護士である。むしろ哲学や思想というものは弁護士にとって邪魔である。


    だが政治家に求められる資質は違うはずである。善し悪しを別にして、政治家はなんらかの政治信条みたいなものを持っていることが期待される。また国民は政治家の言動がブレることを一番嫌う。

    反対に弁護士は、職業柄、裁判毎に論法を変えたりする。その場その場でベストの解決方法が求められるからである。つまり物事に対して即物的なのである。


    仙谷官房長官を見ていると、いかにも弁護士出身の政治家という印象を持つ。国会の答弁でも、記者会見でも、政治家というより、法廷の弁護士そのものの振る舞いである。その場で相手を言い包めれば良いという風である。

    先週号で、日本人は相手にどこか誠実なものを期待しているという話をした。しかし仙谷官房長官はこれに正反対の政治家である。したがってこの人物が前面に出るほど、菅政権の評判は悪くなる。


    弁護士出身者が目立ったのは旧社会党である。政権党の自民党を攻める時には、彼等は弁が立つので重宝がられた。しかし有権者が社会党の政治家を信頼していたわけではない。したがってベルリンの壁崩壊後、マスコミが左翼から離れると社会党はとたんにガタガタになった。

    社会党に弁護士出身者が多かったのは、生活力があったからである。政治家は選挙に落選すると直に収入の道が断たれる。自民党の政治家には、どちらかと言えば経済的バックボーンがある者が多かった。一方、社会党から選挙に出ようという者は裕福な者が少なかった。その点弁護士は落選してもなんとか生活はできるので、選挙に引張り出しやすかったのである。ちなみに仙谷官房長官もスタートは旧社会党である。


    誤解してもらっては困るのは、筆者が弁護士出身の政治家は全て問題と言っているのではない。数は少ないかもしれないが、弁護士出身でも立派な政治家はいる。しかしそのような政治家は、政治活動の中で、法廷の弁護士に見まがうような言動を決して行わない。


  • 中国の報道官の交代
    ビデオ流出などによって、尖閣諸島事件は新たな展開を見せている(今回流出したビデオも全体の一部である。残りの部分も公にされるべきであり、特に船長逮捕時の様子は大事になってきた。)。一連の出来事で筆者が注目したのは次の二点である。一つは中国がとんでもない国であることがあからさまになったことである。日本人は前からこのことを薄々感じていたが、今回の中国の行動を見てこのことがはっきりしたのである。

    当初、中国は日本が簡単に漁船を追返す程度の措置で済ますと踏んでいた。ところが日本が船長を裁判にかけるといった予想外の行動に出たため、中国は焦ったのである。この焦りが次々と中国政府の判断ミスを招いた。


    日中の政府高官の交流を断つ程度なら影響は限定的であったろうが、レアアースの禁輸を行ったり、フジタの社員を拘束して日本人の強い反発を招いた。特にフジタ社員の拘束は何の意味もなく、ただ中国という国の不気味さを日本人に知らしめただけである。最大のミスは釈放された船長を表彰したことである。

    「犯罪者を表彰するとは何事か」と日本人は怒ったのである。これに関して今回のビデオの流出が中国にとって決定的なダメージになった。明らかに中国漁船が巡視船に体当たりしていることが、日本の一般国民の知るところとなった。中国政府は、今、このビデオが日本国民に与える影響を調査・分析している。情報は完全に管理することが当り前の中国なとって、この手のビデオが流出し日本国民が視るといった事態は想定外であった。

    これで日本人の中国観が最悪になった。一般の日本人の中国への嫌悪感というものが大きくなれば、中国にとって決して良いことではないことを中国政府も分かっている。いまピンチに立っているのは中国の方であり、このことを解っていないのが仙谷官房長官を始めとした菅政権の面々である。


    この問題を扱った最初の10/10/4(第633号)「中国漁船の公務執行妨害」で、筆者は中国が「墓穴を掘る可能性が大きいと」と指摘した。まさに事態はこの指摘通りの展開になっている。どうやら中国は、自分達の犯したミスに気付き始めている。

    事件が起った当初、高飛車な女性報道官が記者会見で日本を批難し、中国の対日制裁を発表していた。しかし最近、彼女をテレビで見ることがなくなった。中国の報道官は、ソフトなイメージの中年男性に代わったようである。どうもこれまでの日本対する強圧的な方針を、中国は完全に転換している可能性が強い。


    もう一つの筆者の注目ポイントは、日本人の認識と行動の変化である。筆者は、今回の事件をきっかけに日本人の国土防衛というものに対する意識の変化があったと感じている。戦後教育で育った世代は、これまで保守派や民族派というものを狭量な右翼勢力と敬遠してきた。

    しかし中国が日本にとって現実の脅威であることが広く知られることになった。「日本側に全く落ち度がないのに、中国の対応は何なのだ」と一般の国民は本当に怒っている。この結果、保守派の示威行動に多くの一般の人々も参加するようになっている。ところがまだマスコミは、このことをあまり伝えたがらないようである。                     



尖閣諸島事件など中国関連はそのうちまた取上げることにし、来週は米国の金融緩和の話をする。



10/11/8(第638号)「米政府に対するロビー活動」
10/11/1(第637号)「この日をつかめ(Seize the Day)」
10/10/25(第636号)「人民元安容認の経緯」
10/10/18(第635号)「本誌の中国経済の見方」
10/10/11(第634号)「「腹を括る」べき時」
10/10/4(第633号)「中国漁船の公務執行妨害」
10/9/20(第632号)「菅政権の行方」
10/9/13(第631号)「中央銀行の制度設計」
10/9/6(第630号)「日銀悪玉説」
10/8/30(第629号)「外為特会の31兆円の評価損」
10/8/23(第628号)「野田財務大臣を罷免せよ!」
10/8/9(第627号)「世界に広がるデフレ」
10/8/2(第626号)「米国もデフレ?」
10/7/26(第625号)「国債利払いの名目GDP比率」
10/7/19(第624号)「中国の日本国債購入」
10/7/12(第623号)「10年参議院選挙の結果」
10/7/5(第622号)「サミットの変質」
10/6/28(第621号)「各党のデフレ対策」
10/6/21(第620号)「菅首相の想定」
10/6/14(第619号)「EU市場混乱の本質」
10/6/7(第618号)「EU経済の混乱とIMF」
10/5/31(第617号)「議論の前提条件」
10/5/24(第616号)「現実離れの構造改革派」
10/5/17(第615号)「これも一歩前進か」
10/5/10(第614号)「一歩前進か」
10/4/26(第613号)「ガラパゴス症候群証」
10/4/19(第612号)「マクロによる検証」
10/4/12(第611号)「ミクロで捉えた日本経済」
10/4/5(第610号)「何事もタイミング」
10/3/29(第609号)「政策提言の想定問答」
10/3/22(第608号)「政策提言(後半)」
10/3/15(第607号)「政策提言(前半)」
10/3/8(第606号)「税収と名目GDPの関係」
10/3/1(第605号)「政治ができる事」
10/2/22(第604号)「積極財政への雑音」
10/2/15(第603号)「経済と金融の間の緊張関係」
10/2/8(第602号)「第二回目キャンペーン」
10/2/1(第601号)「第一回目キャンペーン」
10/1/25(第600号)「日本の財政構造」
10/1/18(第599号)「財政非常事態宣言」
10/1/11(第598号)「10年今年の景気」
09/12/21(第597号)「今年を振返って」
09/12/7(第596号)「事業仕分けの顛末」
09/11/30(第595号)「ヘッジファンドの広報担当」
09/11/23(第594号)「素朴な疑問」
09/11/16(第593号)「民主党と官僚」
09/11/9(第592号)「首都圏のハブ空港」
09/11/2(第591号)「日本郵政の新社長」
09/10/26(第590号)「八ッ場ダムの建設中止」
09/10/19(第589号)「返済猶予法は不合理?」
09/10/12(第588号)「返済猶予法の原案」
09/10/5(第587号)「モラトリアムのポイント」
09/9/28(第586号)「モラトリアムの話」
09/9/21(第585号)「自民党のカルチャーの変化」
09/9/14(第584号)「自民党再生の道」
09/9/7(第583号)「一番の自民党敗因」
09/9/1(第582号)「09年総選挙の結果」
09/8/10(第581号)「総選挙の国債増発」
09/8/3(第580号)「自民党の問題点」
09/7/27(第579号)「苦戦の自民党」
09/7/20(第578号)「米国経済の正念場」
09/7/13(第577号)「選挙マニフェストの話」
09/7/6(第576号)「日本郵政問題の結末」
09/6/29(第575号)「続・国有資産の纂奪者」
09/6/22(第574号)「国有資産の纂奪者」
09/6/15(第573号)「「かんぽの宿」の一括売却」
09/6/8(第572号)「経済をマクロで見る」
09/6/1(第571号)「日本のケインズ経済学」
09/5/25(第570号)「裁判員制度に一言」
09/5/18(第569号)「半径10mの関心」
09/5/11(第568号)「保護主義と国家」
09/4/27(第567号)「中央銀行の国債購入」
09/4/20(第566号)「年金制度改正の私案」
09/4/13(第565号)「筆者の経済対策案」
09/4/6(第564号)「経済対策に必要な条件」
09/3/30(第563号)「政府紙幣論議の結末」
09/3/23(第562号)「GDP統計のマジック」
09/3/16(第561号)「リーマンショックの影響」
09/3/9(第560号)「筆者なりの仮説」
09/3/2(第559号)「政府紙幣(貨幣)論の評判」
09/2/23(第558号)「政府紙幣(貨幣)への巧妙な反対論」
09/2/9(第557号)「政府紙幣(貨幣)論の急な盛上がり」
09/2/2(第556号)「続・構造改革派の変節」
09/1/26(第555号)「マスコミの論調は過渡期」
09/1/19(第554号)「今年の為替と株価の動向」
09/1/12(第553号)「09年今年の景気」
08年のバックナンバー

07年のバックナンバー

06年のバックナンバー

05年のバックナンバー

04年のバックナンバー

03年のバックナンバー

02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー