平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




05/10/10(408号)
経済理論上の乗数

  • ケインズの乗数
    乗数効果について様々な混乱した話が多い。乗数、あるいは乗数効果については、ケインズの乗数と他の経済学者の乗数に関する考えが混同されているようだ。さらにこれらとは別に、現実の経済で計測されている乗数値というものがある。ところがどの乗数を指すのか明らかにされないまま、経済論議がなされている。まずこれを整理するには、ケインズの経済理論だけでなく、ケインズ以降の経済学についても、筆者の理解している範囲で簡単に説明をしておいた方が良いと思われる。

    乗数効果の説明は本誌で過去に何回か行っており、それを再掲する。乗数効果は、自生的(独立的)支出、例えば政府支出、投資、輸出などが、次々に所得を生む現象である。具体的に1兆円の自生的支出、たとえば政府支出を考える。この1兆円の政府支出は同額の所得1兆円を生む。この新たに生まれた1兆円の所得から、もし消費比率が6割とすれば、6,000億円の消費がなされ、これによって同様に6,000億円の所得が新たに生まれる。そしてこの6,000億円の所得の6割の3,600億円が消費される。同様に3,600億円の消費は3,600億円の所得を生み、これが次に2,160億円の消費を生む。このように1兆円の政府支出は、次々と所得を生む。そして最初の自生的支出が生みだす所得の合計の倍数が、乗数あるいは乗数値である。

    乗数効果は、波及の過程で減衰する。そして生まれる所得の総和は、無限及数の和である。したがって乗数は、消費比率をcとすれば、1/1-cになる。上の例ならcは0.6であるから、乗数は2.5になる。つまり政府支出1兆円に対して、合計で2.5兆円の所得を生むことになる。また算式から分るように、消費比率が大きいほど乗数も大きくなる。逆に人々が、貯蓄やローンの返済を多くして、消費を抑えたなら、乗数は小さくなる。例えば消費比率を0.5まで下がると乗数は2になる。また一国の消費比率c、そしてそれから算定される乗数値はかなり安定的ということは知られている。これがケインズの乗数である。


    ケインズの乗数で説明するなら、自生的(独立的)支出が何でも同じ結果になる。消費比率をc(反対に貯蓄比率s)が一定という前提で、所得は自生的(独立的)支出の額だけで決まることになる。また所得を増やすには自生的(独立的)支出を増やせば良いことになる。さらに消費比率のcが安定的と言うことは、平均消費比率と限界消費比率はほぼ一致すると考えて良い。

    話は繰返しになるが、所得を増やすには自生的(独立的)支出を増やせば良く、投資でも輸出でも良い。もちろん政府支出の増大でも良い。したがって民間の投資や輸出が不振な場合には、代わりに政府支出を増やせば良い。よく無駄な公共投資が経済成長を妨げるという話が出るが、ケインズの乗数効果の波及過程を理解すれば、これがばかげた議論であることが容易に理解できる。所得を決定するのは自生的(独立的)支出のあくまでも額であり、質や内容ではない。

    ケインズも政府支出の内訳は何でも良いとしている。極論として、地中にお金を埋め、それを掘り返す公共事業でも良いのである。ところがこの有名な例え話が誤解を招き、ケインズの政策は無駄を生むという評価に繋がっている。しかしもちろんケインズは、同じ有効需要創出事業なら、なるべく皆が喜ぶ事業を行うべきと主張している。ただどのような事業を行っても、それによる所得の増加額は同じとしているのである。


    ケインズは、自由経済では供給が需要を上回っている状態、つまりデフレギャップ(生産設備の遊休と失業)が生じる可能性があることを証明し、この解決策として政府支出による有効需要創出政策が有効としている。一方、ケインズが批判の対象とした古典派の経済学では、そもそも生産設備の遊休と失業が発生しないことになっている。古典は経済学の世界では、供給が需要を上回れば価格が下落し需給が均衡し、失業が発生すれば賃金率が下がり失業は解消する、また貯蓄が投資を上回れば金利が下がり貯蓄と投資が一致することになるとケインズは指摘している。古典派経済学は予定調和の世界である。

    しかしケインズが活躍したのは、世界的な大不況の時代である。ケインズは英国の大不況を分析し、古典派経済学の理論では現実の経済が全く説明できず、古典派経済学の理論が成立するのは極めて特殊な条件が揃った時のみであることを証明した。むしろ現実の経済では、需要が不足し、失業が発生し、設備の遊休が生じることが一般的とし、「雇用・利子および貨幣の一般論」を著した。ケインズはこれらに関し、賃金の下方硬直性や、どれだけ資金が余っていても金利が一定以上には下がらず投資が増えない状況、いわゆる流動性のワナの存在を指摘した。

    ケインズの場合、古典派との論争だけがクローズアップされる。しかしケインズが本当に危機感を持ったのは、当時世界的に広まったマルクス経済学の興隆である。ソ連の共産主義革命が成り、英国にもマルクス経済学の信奉者が増えていた。少なくともマルクス経済学は、世界的な恐慌の発生を予告しそれを当てた。しかしケインズは、政府が叡智を持って有効需要の管理さえすれば、全てを政府管理下置く計画経済を行う必要はないと考えた。むしろ当然ケインズは、資源の配分は自由主義経済の価格メカニズムに委ねる方が良いと考えていた。


  • 複合乗数、超乗数
    ケインズ経済学は短期静学と呼ばれ、一時的な需要不足の解消の処方箋とされた(ケインズは第二次大戦後まもなく死亡したため、戦後の評価を心外と思うかも知れないが)。しかしケインズの弟子達は、ケインズモデルを拡張する方向で、景気循環理論や経済成長理論といった長期動学に流れた。資本主義経済は、ケインズが指摘するように需要不足に陥る可能性があるが、需要さえ下支えすれば、それ以降は古典派の理論が有効であると彼等は主張した。サミュエルソンがその代表格で、彼によって「新古典派綜合」がなされた。ケインズの弟子達は、有効需要不足の問題より、経済成長にスタンスを置いた。彼等が新古典派、つまりネオクラシカルである。

    経済学がケインズの短期静学から新古典派の隆盛に変わった背景を考えてみよう。第二次大戦前の世界恐慌も大戦の軍事支出で緩和された。しかし米国には、戦後も依然デフレギャップが残った。これは米国のデフレギャップがそれだけ大きかったことと、皮肉にも戦争で米国本土の生産設備が破壊されなかったことも影響していると考える。そこで米国連銀は青空天井で米国債を買い上げ、米政府はこれを財源に財政支出をどんどん増大させた。特にライバルの新興国ソ連に対抗するため、社会福祉政策を充実させた。さすがに米国は好景気となり、50年代は米国のゴールデンエイジと呼ばれている。


    サミュエルソンら新古典派が活躍したのは、このような時代である。彼等は需要不足による失業や設備の遊休といったケインズが取組んだ問題は既に解決がついたと感じた。そして経済学の世界では、より高い経済成長を実現するための方策に関心が移った。さらに経済成長に伴う物価上昇が問題になり、インフレなき高度成長の実現に関心が集まった。

    資本設備が完全利用され、労働力が完全雇用されている状態での経済成長の上限は、生産力(P)が決定することになるとサミュエルソン達は考えた。この考えに立てば生産力(P)が増えなければ、所得(Y)は増加しないことになる。一方、ケインズ経済学の短期静学では、余剰の生産力(P)が存在することが前提になっていた。しかしサミュエルソン達は、資本設備の完全利用、労働力の完全雇用の状態を想定した。


    ここからは経済学の教科書の記述を参考にする。資本設備の完全利用、労働力の完全雇用の状態で自生的(独立的)支出が増えれば、まず所得(Y)が増え、所得(Y)が増えれば、一定の割合の消費(C)が増える。消費(C)が増えれば、この追加的消費に対応する投資(I)が増える(製品や仕掛品の在庫投資も含む)。この投資は自生的(独立的)投資に対して、誘発投資と呼ばれている。この誘発投資の増加によって生産力(P)が増える。また誘発投資の増加は乗数効果を通じ所得(Y)を増加させる。この所得(Y)の増加によって消費(C)が増え、これがまた次の誘発投資と生産力(P)を増やす。この循環は減衰しながらも無限に続く。

    ただし投資の増加が生産力(P)に変わるには、時間の概念の導入が必要になる。ケインズの短期静学に対して、サミュエルソン達は長期動学を提唱した。また増加した所得(Y)に対して、誘発投資が起ることを加速度効果、そしてその割合を加速度係数(β)と呼ぶ。ここでは関連する複雑な計算式を割愛する。ケインズの乗数を1/1−c(cは消費比率)と説明したが、加速度係数をβとすれば、サミュエルソン流の加速度効果を加味した乗数は1/1−c−βとなる。cを0.6、βを0.1(所得が10増えた場合、その10%の1の誘発投資を生むケース)とすれば、ケインズの乗数値は2.5となり、加速度効果を加味した乗数値は3.33と大きくなる。


    経済学者ランゲはケインズの乗数を単純乗数、サミュエルソン流の加速度効果を加味した乗数を複合乗数(ヒックスは超乗数と呼ぶ)とそれぞれ呼んだ。ケインズは民間の投資を期待収益率と金利の関数と捉え、自生的(独立的)投資としたが、サミュエルソン達はそれに加え、所得(Y)の増加による誘発投資という概念を新たに導入した。

    しかし世の中には正統派のケインジアンと呼ばれる経済学者がいる。この人達はこの誘発投資の存在を軽視、あるいは無視する。投資は全て自生的(独立的)投資という考えるのである。ところで筆者はガチガチのケインジアンではないが、実は最近、この考えに近くなっている。



今週は理論経済学上の代表的な乗数について述べたが、来週はさらに現実の経済における乗数値を取り上げる。

亀井静香勝手連の掲示板のアドレスが変更された。新しい掲示板には亀井静香勝手連のトップページから入ってもらいたい。亀井静香勝手連のアドレスは(亀井静香勝手連のホームページhttp://www.nb-j.co.jp/katteren)である。



05/10/3(第407号)「政治家達の沈黙」
05/9/26(第406号)「大谷氏への公開質問状」
05/9/19(第405号)「デマの検証」
05/9/13(第404号)「選挙結果の雑感」
05/8/29(第403号)「今回の総選挙を読む」
05/8/22(第402号)「今回の総選挙の沿革」
05/8/8(第401号)「中国経済の本当の脅威」
05/8/1(第400号)「中国の為替戦略」
05/7/25(第399号)「経済のグローバリズムの行末」
05/7/18(第398号)「経済のグローバリズムの本質」
05/7/11(第397号)「郵政法案と小泉政権の行方」
05/7/4(第396号)「経済のグローバリズムと競争の公正」
05/6/27(第395号)「日本語の研究」
05/6/20(第394号)「公的年金とセイニアーリッジ」
05/6/13(第393号)「日本国民全員がばん万歳の政策」
05/6/6(第392号)「公的年金とマクロ経済」
05/5/30(第391号)「マクロ経済政策で解決するもの」
05/5/23(第390号)「ヴァーチャルなもの(その2)」
05/5/16(第389号)「ヴァーチャルなもの(その1)」
05/5/9(第388号)「中国進出の主導者」
05/4/25(第387号)「鎖国主義への誘惑(その2)」
05/4/18(第386号)「鎖国主義への誘惑(その1)」
05/4/11(第385号)「ノストラダムスの大予言」
05/4/4(第384号)「法律と現実社会との間」
05/3/28(第383号)「株式に関する非常識」
05/3/21(第382号)「人とグローバリズム」
05/3/14(第381号)「資本とグローバリズム」
05/3/7(第380号)「貿易とグローバリズム」
05/2/28(第379号)「マスコミの暴走」
05/2/21(第378号)「マスコミが流す誤った概念」
05/2/14(第377号)「日本のマスコミの権力指向」
05/2/7(第376号)「日本のマスコミの体質」
05/1/31(第375号)「財政当局の変心」
05/1/24(第374号)「経済成長の条件(その2)」
05/1/17(第373号)「経済成長の条件(その1)」
05/1/10(第372号)「中国経済の実態」
04/12/13(第371号)「第一回財政研交流会」
04/12/6(第370号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その3」
04/11/29(第369号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その2」
04/11/22(第368号)「構造改革派の常套手段」
04/11/15(第367号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その1」
04/11/8(第366号)「第二次南北戦争」
04/11/1(第365号)「妄言・虚言の正体」
04/10/25(第364号)「クライン博士を招いてのシンポジウム」
04/10/18(第363号)「日本経済のデフレ体質の分析(その3)」
04/10/11(第362号)「日本経済のデフレ体質の分析(その2)」
04/10/4(第361号)「日本経済のデフレ体質の分析(その1)」
04/9/27(第360号)「豊かな社会ーー競争と共生」
04/9/20(第359号)「レーガンの規制緩和の実態」
04/9/13(第358号)「今こそ大胆な政策転換を」
04/9/6(第357号)「虚言・妄言が跋扈する世の中」」
04/8/30(第356号)「日本の「韓国化」」
04/8/2(第355号)「日本の分割統治」
04/7/26(第354号)「自民党大敗北の要因分析」
04/7/19(第353号)「参院選で見たもの」
04/7/12(第352号)「日本のエネルギー自立政策」
04/7/5(第351号)「危うい石油の確保」
04/6/28(第350号)「テロと中東石油」
04/6/21(第349号)「対談の論点(再)」
04/6/14(第348号)「対談の論点」
04/6/7(第347号)「富の分配と公正」
04/5/31(第346号)「小泉首相訪朝の成果」
04/5/24(第345号)「日本に必要な財政赤字政策」
04/5/17(第344号)「土地売買の盲点」
04/5/10(第343号)「日本経済の体質と財政政策」
04/4/26(第342号)「凍り付くマネーサプライ」
04/4/19(第341号)「デフレ体質の日本経済」
04/4/12(第340号)「火星の土地」
04/4/5(第339号)「円高は構造的」
04/3/29(第338号)「規制緩和に飛びつく人々」
04/3/22(第337号)「矛盾の出発点」
04/3/15(第336号)「日経の貧乏神」
04/3/8(第335号)「実感なき経済成長」
04/3/1(第334号)「為替介入ではなく財政支出を」
04/2/23(第333号)「為替介入への道」
04/2/16(第332号)「為替介入資金の働き(その2)」
04/2/9(第331号)「為替介入資金の働き(その1)」
04/2/2(第330号)「為替介入政策の限界」
04/1/26(第329号)「今日の政治課題」
04/1/19(第328号)「今年の政局の課題」
04/1/12(第327号)「今年の日本の景気」
03/12/15(第326号)「日本の公的年金」
03/12/8(第325号)「足利銀行の破綻処理」
03/12/1(第324号)「日本経済を支えているもの」
03/11/24(第323号)「総選挙結果から見えるもの」
03/11/17(第322号)「総選挙結果の分析」
03/11/10(第321号)「総選挙の結果他」
03/11/3(第320号)「総選挙の予測」
03/10/27(第319号)「動態的会計による企業価値算定」
03/10/20(第318号)「道路公団、財務諸表の怪」
03/10/13(第317号)「藤井総裁解任劇」
03/10/6(第316号)「総裁選と総選挙」
03/9/29(第315号)「総裁選の総括」
03/9/22(第314号)「ドキュメンタリー総裁選」
03/9/15(第313号)「レポート総裁選・・その2」
03/9/8(第312号)「レポート総裁選」
03/9/1(第311号)「混迷の終始符」
03/8/25(第310号)「急がば回れ・・再び」
03/8/18(第309号)「自民党の総裁選に向けて」
03/8/4(第308号)「日本の実稼働率」
03/7/28(第307号)「設備投資の実態」
03/7/21(第306号)「企業経営と創造的破壊」
03/7/14(第305号)「頭が破壊されている人々」
03/7/7(第304号)「頭が混乱している構造改革派」
03/6/30(第303号)「経済の循環(その2)」
03/6/23(第302号)「経済の循環(その1)」
03/6/16(第301号)「経済政策の混乱」
03/6/9(第300号)「りそな銀行の件」
03/6/2(第299号)「規制緩和と日本経済」
03/5/26(第298号)「経済学と経営学」
03/5/19(第297号)「政府紙幣発行の認知度」
03/5/12(第296号)「滝田洋一氏への反論」
03/5/5(第295号)「政府紙幣発行政策の誤解」
03/4/21(第294号)「逆噴射の財政政策」
03/4/14(第293号)「危機管理下の経済政策」
03/4/7(第292号)「国債の管理政策」
03/3/31(第291号)「経済再生政策提言フォーラム」
03/3/24(第290号)「日本の有名経済学者達」
03/3/17(第289号)「波乱の株式市場」
03/3/10(第288号)「政府貨幣の理解」
03/3/3(第287号)「軽視される高橋是清の偉業」
03/2/24(第286号)「日本の清貧の思想」
03/2/17(第285号)「日本のデフレの原点」
03/2/10(第284号)「小泉首相の「もっと重要なこと」」
03/2/3(第283号)「スローパニック経済」
03/1/27(第282号)「所得を生むマネーサプライ」
03/1/20(第281号)「マネーサプライ政策の限界」
03/1/13(第280号)「データに基づく経済論」
02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー

日頃忙しいビジネスマンへのオンラインマガジン