平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




05/5/16(389号)
ヴァーチャルなもの(その1)

  • 論客が得意なヴァーチャルな数字
    数年前、国会議員を対象にしたセミナーに立会ったことがある。ある民主党の国会議員の主催で、議員会館の会議室に民主党と自由党の議員が20名くらい集まった。テーマは「積極財政を行って経済を成長させた方が、GDPに対する国の債務比率は小さくなるというシミュレーションの説明」だった。つまりセミナーの要旨は、一時的にも政府の赤字を増やした方が、むしろ財政が健全化するというものである。説明の後、出席議員から色々な質問や意見が出た。

    しかしどういう訳か、途中から話が日銀の問題に変わった。政府の赤字を増やせば、国債の発行が増え、金利の上昇の懸念がある。たしかに金利上昇を抑える方法の一つとして、日銀の国債買入を増やす政策が必要になる可能性がある。このような方向に話が変質したのは、民主党の中で論客と言われている議員の意見が影響した。この国会議員は、民主党の中でも経済問題にうるさいということで定評があった。逆にこの論客を説得できたなら、当時の民主党の流れを変えることも可能という話である。


    この論客議員は「積極財政の結果、日銀の国債買入増が必要になり、日銀の資産内容が悪くなる」と、積極財政を牽制する意見を述べたのである。他のセミナー出席者にとっては、誰も日銀の財務内容なんか思いも及ばない話である。中には「さすが○○先生」と感心している者もいたかもしれない。この論客議員もなんとなく「俺は他の政治家とは違う」と自惚れているような口振りであった。

    ほんの数カ月前の予算委員会で、日銀の財務内容の悪化の問題にする民主党の国会議員がいた。案の定、例の論客議員である。どうも日銀の財務内容の話は、この政治家の得意科目のようだ。しかし日銀の財務内容の悪化が、本当に日本経済にとって悪いことなのかどうか、検討してみる必要がある。


    筆者は、元々政府貨幣発行論者である。しかし政府貨幣発行が政策として理解が得られない時には、国債の日銀の直接引受か、あるいは日銀の国債の市場からの買増しでも良いと考える。いずれにしても自己資本比率が小さくなり、日銀の財務内容は悪化する。しかし筆者は、積極財政が必要でそれを行わなことで日本経済が破滅的になるくらいなら、日銀が国債を買入れることは決して間違った政策とは考えない。むしろ日本経済がどん底に突き落とされているのに、日銀の財務内容だけがピカピカで立派という方がグロテスクな図と考える。

    さらに日銀の財務内容悪化による弊害の論拠が、極めて薄弱であることを指摘したい。まず「悪化」という言葉が真相を誤魔化す。財務内容悪化論者は、直ぐに「日銀券の信用がなくなる」「円は信頼をなくし暴落する」と言ったセリフで誤魔化しをやる。要するに「日銀券の信用がなくなる」とは物価が上昇することであり、「円は信頼をなくし暴落する」とは円安になることである。しかし財務内容悪化が、結果的に日本経済にとって好ましいことなら、むしろ話は全く逆になる。

    物価上昇が問題と言っても、バブル崩壊後、日本では物価は下がり放しである(97年の消費税アップによる若干の上昇を除き)。今日インフレが問題ではなく、デフレが問題なのである。実際、物価上昇が問題になるとしても、小さな物価上昇ならば容認されるであろう。また円安はむしろ日本経済にとって好ましいことである。むしろ自国通貨の通貨が下がることは自国経済にとって良いことであり、実際、戦前は各国で通貨の切下げ競争が行われた。


    例えば中国が経済成長をスタートさせたのも、人民元を大幅に切下げてからである。昔、中国が見栄をはっていたせいか、1人民元はほぼ1米ドルと過大な評価に甘んじていた。これを8人民元を1米ドルに大幅に切下げた。暴落どころか大暴落である。ところがこれによって中国の経済成長が始まったのである。

    自国通貨の大暴落した国は、その後、ほとんど例外なく経済が順調に回復している。ロシア、アルゼンチンもそうである。英国もポンド安で経済が回復した。特に90年代前半、ソロスが実力以上で推移していた英ポンドに売りを浴びせたことがきっかけに、ポンドは大幅に下落した。しかしポンドの暴落後、英国経済は長期に渡って好景気を続けている。


    英国経済の復興についてもう少し述べる。奇妙なことに日本ではサッチャー元首相の評価が高いが、英国では決して評価は高くないと見られる。サッチャー改革の成果とか言われているが、単純に英ポンドが実力に応じたところまで暴落したことによって、英国経済は良くなったに過ぎないないと筆者は見ている。サッチャーによる構造改革らしきものがあったことは認めるが、これによって英国経済が良くなった訳ではないと考えるのである。案外、英国経済の救世主はソロスだったのではないかと思われる。

    サッチャーの「構造改革の成果うんぬん」と言われているが、言っているのは日本の頭のおかしい構造改革派だけではないのか。実際、サッチャー及び、次ぎのメジャーと保守党の内閣が続いたが、保守党政権はそこまでであり、後は労働党が総選挙で3連勝している。サッチャー政権の政策が良かったのなら、保守党政権がもっと続いていたはずだ。そして経済の要は為替ということを薄々分かってきたのか、英国国民はユーロへの参加に反対している。

    日本では日銀による国債の買いオペが毎月1兆2千億円ずつ行われている。既に14.5%(04年9月末)の国債を日銀は買っている。つまり財務内容悪化論者の言うところのバランスシートの悪化は相当進んでいる。ところが悪化論者の「のたまう」ところの、インフレと円の暴落とは正反対なことが起っており、日本経済は不調が続いている。要するに日銀の財務内容の悪化の度合が小さ過ぎるとも考えられるのだ。いずれにしても日銀の財務内容なんて所詮ヴァーチャル(虚構)なものである。ところが日本の経済政策は、このヴァーチャルなものに振り回されている。


  • 「借金時計」
    日銀のバランスシートより、筆者が関心を寄せているヴァーチャルな数字が、国の債務残高である。これについては04/12/13(第371号)「第一回財政研交流会」で取上げた。ここでより正確な財政の実態を比較するには、債務残高でなく債務残高から国の保有する金融資産(外貨準備など)を差引いた純債務額を使うべきと説明した。実際、日本のGDPに対する純債務の比率は他の先進国の数字と遜色ない。

    さらに筆者は、純債務額から日銀が保有している国債残高を差引くべきと考える。日銀が保有している国債に対して国は利息を支払うが、日銀の利息収入は回り回って国庫に納付される。つまり日銀保有の国債は、実質的には国の借金にならない。ちなみに日銀保有の国債の残高を純債務額から差引けば、GDPに対する純債務の比率はさらに小さくなる。おそらく日本の実質的な財務内容は、先進国の中では際立って良くなると見る。日銀の保有する国債の全体に占める比率は、前述のように14.5%(04年9月末)である。先進国の中では、日本のこの数字は大きい。ちなみにフランスはゼロ、ドイツ0.3%(03年12月)、英国5.5%(03年12月)である。

    ただ米国だけはこの数字が16.3%(04年3月)と日本より大きい。さらに米国の場合には非市場性国債というものが別に存在する。ところがこの非市場性国債というものの規模とか性格がはっきり分らない。おそらくこれは塩漬けされた国債と思われる。ところが日本の財政学者は完全に御用学者に堕落しているので、米国の非市場性国債について決して解説を行わない。ちなみに中央銀行が国債を保有することは、実質的にセーニアリッジ政策である。つまり日本や米国は既にセーニアリッジ政策を行っていることになる。そして米国は日本よりさらに大胆なセーニアリッジ政策を行っているのである。


    日本の構造改革派は、ヴァーチャルな数字にもかかわらず、この債務残高だけをやけに大問題と言ってクローズアップする。数字がヴァーチャルなのに、この虚構の数字が人々に誤解を与えているのだ。実質的な日本の国の債務残高自体は決して大きくない。しかし構造改革派の財政再建キャンペーンは段々巧妙になっている。

    国の債務残高が「730兆円になった」「750兆円になった」と国民を脅かす。さらに「国民一人当り600万円もの借金を持っているのと同じ」とか「そのうち1,000兆円にもなって、国の財政は行き詰る」と言って人々の恐怖感を煽っている。そして一番悪質なものの一つが「借金時計」である。

    先週号で紹介したように、財部誠一氏のホームページの「借金時計」は有名である。さらに最近では、TBSの「みのもんたの朝ズバッ!」にも「借金時計」が登場している。これらは一秒毎に借金が増えて行く様を示し、見ている者を不安におとしめることが目的である。国の債務残高というヴァーチャルな数字を使って、日本の財政は最悪といった世論統制が行われている。まるで戦前と同じような暗黒時代になったものである。


    国の債務残高がヴァーチャルなものではなく、実質を伴っているのなら筆者もこの大騒ぎに賛同する。しかしこれが虚構そのものなのである。実際、公表されている国の債務残高がヴァーチャルでなく現実ならば、金利や物価はめちゃくちゃになっているはずである。つまり日本の金利は考えられないほど高くなって、物価も信じられないほど高騰していて当然である。ところが金利は史上最低の水準で推移しており、物価は上昇どころか下落しているのである。しかしこのような正論を述べても、大多数の人々はヴァーチャルな数字を使って洗脳されているので、残念ながらなかなか理解を得られない。

    むしろ日本の経済政策は、国の債務残高などのヴァーチャルな数字が重視されているため、間違った方向(緊縮財政)に進んでいる。しかし緊縮財政も徹底されたものではない(中途半端な緊縮財政)ので、極端には経済は落込まない。また銀行への資本注入、日銀による株式購入、為替介入などのいびつな政策の連発で経済の不調を誤魔化されている。したがって日本経済は、いつまでも長期不調から抜け出さない。



来週は、日本において何故ヴァーチャルな数字が強調されるのか考えたい。

ここ数カ月、マスコミを賑わかす大きな出来事が続いた。ライブドアの買収劇、中国での反日騒動、JR西日本の脱線事故である。マスコミははりきって連日これらを報道していた。しかしマスコミのこれらの取上げ方や切り口に不満を感じる。筆者に言わせると、まるで本質をついていないのである。

ライブドアについては、株式市場の欠陥や、新興市場のいい加減さをもっと取上げるべきであった。堀江社長個人にまつわる事柄は本質ではない。
中国の反日騒動では、今後の中国との付合いをどうするのか問題提起すべきである。反日教育が公然と行われている国とは、まともには付合うことなんかできないことが今回の出来事ではっきりした(これは韓国についても言える)と見る。しかしそれにもかかわらず、日本はこれまであまりにも野方図に中国経済にのめり込んできた。日本企業が中国から撤退しても、日本経済が成立つような施策を考えるべきである。
JR西日本の問題は複雑である。いまだに旧国鉄時代の労務問題を引きずっているようだ。民営化によって旧国鉄が抱えていた諸問題は解決していなかったことが、今回の脱線事故であぶり出されたのである。

亀井静香勝手連の掲示板のアドレスが変更された。新しい掲示板には亀井静香勝手連のトップページから入ってもらいたい。亀井静香勝手連のアドレスは(亀井静香勝手連のホームページhttp://www.nb-j.co.jp/katteren)である。



05/5/9(第388号)「中国進出の主導者」
05/4/25(第387号)「鎖国主義への誘惑(その2)」
05/4/18(第386号)「鎖国主義への誘惑(その1)」
05/4/11(第385号)「ノストラダムスの大予言」
05/4/4(第384号)「法律と現実社会との間」
05/3/28(第383号)「株式に関する非常識」
05/3/21(第382号)「人とグローバリズム」
05/3/14(第381号)「資本とグローバリズム」
05/3/7(第380号)「貿易とグローバリズム」
05/2/28(第379号)「マスコミの暴走」
05/2/21(第378号)「マスコミが流す誤った概念」
05/2/14(第377号)「日本のマスコミの権力指向」
05/2/7(第376号)「日本のマスコミの体質」
05/1/31(第375号)「財政当局の変心」
05/1/24(第374号)「経済成長の条件(その2)」
05/1/17(第373号)「経済成長の条件(その1)」
05/1/10(第372号)「中国経済の実態」
04/12/13(第371号)「第一回財政研交流会」
04/12/6(第370号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その3」
04/11/29(第369号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その2」
04/11/22(第368号)「構造改革派の常套手段」
04/11/15(第367号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その1」
04/11/8(第366号)「第二次南北戦争」
04/11/1(第365号)「妄言・虚言の正体」
04/10/25(第364号)「クライン博士を招いてのシンポジウム」
04/10/18(第363号)「日本経済のデフレ体質の分析(その3)」
04/10/11(第362号)「日本経済のデフレ体質の分析(その2)」
04/10/4(第361号)「日本経済のデフレ体質の分析(その1)」
04/9/27(第360号)「豊かな社会ーー競争と共生」
04/9/20(第359号)「レーガンの規制緩和の実態」
04/9/13(第358号)「今こそ大胆な政策転換を」
04/9/6(第357号)「虚言・妄言が跋扈する世の中」」
04/8/30(第356号)「日本の「韓国化」」
04/8/2(第355号)「日本の分割統治」
04/7/26(第354号)「自民党大敗北の要因分析」
04/7/19(第353号)「参院選で見たもの」
04/7/12(第352号)「日本のエネルギー自立政策」
04/7/5(第351号)「危うい石油の確保」
04/6/28(第350号)「テロと中東石油」
04/6/21(第349号)「対談の論点(再)」
04/6/14(第348号)「対談の論点」
04/6/7(第347号)「富の分配と公正」
04/5/31(第346号)「小泉首相訪朝の成果」
04/5/24(第345号)「日本に必要な財政赤字政策」
04/5/17(第344号)「土地売買の盲点」
04/5/10(第343号)「日本経済の体質と財政政策」
04/4/26(第342号)「凍り付くマネーサプライ」
04/4/19(第341号)「デフレ体質の日本経済」
04/4/12(第340号)「火星の土地」
04/4/5(第339号)「円高は構造的」
04/3/29(第338号)「規制緩和に飛びつく人々」
04/3/22(第337号)「矛盾の出発点」
04/3/15(第336号)「日経の貧乏神」
04/3/8(第335号)「実感なき経済成長」
04/3/1(第334号)「為替介入ではなく財政支出を」
04/2/23(第333号)「為替介入への道」
04/2/16(第332号)「為替介入資金の働き(その2)」
04/2/9(第331号)「為替介入資金の働き(その1)」
04/2/2(第330号)「為替介入政策の限界」
04/1/26(第329号)「今日の政治課題」
04/1/19(第328号)「今年の政局の課題」
04/1/12(第327号)「今年の日本の景気」
03/12/15(第326号)「日本の公的年金」
03/12/8(第325号)「足利銀行の破綻処理」
03/12/1(第324号)「日本経済を支えているもの」
03/11/24(第323号)「総選挙結果から見えるもの」
03/11/17(第322号)「総選挙結果の分析」
03/11/10(第321号)「総選挙の結果他」
03/11/3(第320号)「総選挙の予測」
03/10/27(第319号)「動態的会計による企業価値算定」
03/10/20(第318号)「道路公団、財務諸表の怪」
03/10/13(第317号)「藤井総裁解任劇」
03/10/6(第316号)「総裁選と総選挙」
03/9/29(第315号)「総裁選の総括」
03/9/22(第314号)「ドキュメンタリー総裁選」
03/9/15(第313号)「レポート総裁選・・その2」
03/9/8(第312号)「レポート総裁選」
03/9/1(第311号)「混迷の終始符」
03/8/25(第310号)「急がば回れ・・再び」
03/8/18(第309号)「自民党の総裁選に向けて」
03/8/4(第308号)「日本の実稼働率」
03/7/28(第307号)「設備投資の実態」
03/7/21(第306号)「企業経営と創造的破壊」
03/7/14(第305号)「頭が破壊されている人々」
03/7/7(第304号)「頭が混乱している構造改革派」
03/6/30(第303号)「経済の循環(その2)」
03/6/23(第302号)「経済の循環(その1)」
03/6/16(第301号)「経済政策の混乱」
03/6/9(第300号)「りそな銀行の件」
03/6/2(第299号)「規制緩和と日本経済」
03/5/26(第298号)「経済学と経営学」
03/5/19(第297号)「政府紙幣発行の認知度」
03/5/12(第296号)「滝田洋一氏への反論」
03/5/5(第295号)「政府紙幣発行政策の誤解」
03/4/21(第294号)「逆噴射の財政政策」
03/4/14(第293号)「危機管理下の経済政策」
03/4/7(第292号)「国債の管理政策」
03/3/31(第291号)「経済再生政策提言フォーラム」
03/3/24(第290号)「日本の有名経済学者達」
03/3/17(第289号)「波乱の株式市場」
03/3/10(第288号)「政府貨幣の理解」
03/3/3(第287号)「軽視される高橋是清の偉業」
03/2/24(第286号)「日本の清貧の思想」
03/2/17(第285号)「日本のデフレの原点」
03/2/10(第284号)「小泉首相の「もっと重要なこと」」
03/2/3(第283号)「スローパニック経済」
03/1/27(第282号)「所得を生むマネーサプライ」
03/1/20(第281号)「マネーサプライ政策の限界」
03/1/13(第280号)「データに基づく経済論」
02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー

日頃忙しいビジネスマンへのオンラインマガジン