平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




05/5/9(388号)
中国進出の主導者

  • 構造改革派の働き
    日本には、中国経済へののめり込みを推進する勢力がある。面白いことに、それがグローバリズムを信奉し、緊縮財政、つまり小さな政府と構造改革を推進する人々とみごとに重なるのである。端的に言えば構造改革派が、積極的に中国への経済的進出を後押ししている。彼等は、構造改革で日本経済が成長するという現実離れした信念を持っており、内需拡大策はむしろ構造改革に邪魔と考える。

    しかし内需が拡大しないまま構造改革策を行えば、日本企業は外需への依存を一層高めるしかなくなる。その構造改革派の主張の矛盾を解決する方策が、中国経済へののめり込みである。つまり構造改革派である緊縮財政主義者、つまりグローバリズム信奉者が中国への日本企業の進出を主導してきたと言える。


    マスコミを通じ、中国進出を推進する代表にエコノミストの財部誠一氏がいる。財部氏は、中国の経済発展を紹介し、日本企業の中国進出を先導する発言を繰返していた。しばらく前まで中国企業首脳の口を借り、「中国進出の決断が遅い」と日本の企業経営者をなじっていた。

    ところで財部氏は、自分のホームページに借金時計というものを設けている。借金時計とは、国債などの国の借金総額の推定額を毎秒ごとに表示したものである。日頃の発言だけでなく、このようなホームページを見ても、財部氏は明らかに財政支出の反対論者である。

    ところで財部氏の発言の中でとても気になるものがあった。中国への生産拠点の移転による日本経済の沈下が話題になった時、財部氏は「皆さん心配はありません。今、中国の金持が福井の鯖江の高級眼鏡フレームを買いにきていますよ。」と発言していた。

    これこそがグローバリズム信奉者の典型的な発言である。彼等には、国とか国境という概念が薄い。グローバリズム信奉者は世界的な競争を促進する。この結果、貧富の差が大きくなる。競争に晒されやすい産業の所得が減り、国際的な寡占が完成している産業や金融のように情報が片寄っている産業の所得が相対的に増える。

    グローバリズム信奉者は、むしろ所得の格差が生まれることを良いことと考える。したがって中国の一部の金持が鯖江の高級眼鏡フレームを買い、日本の貧乏人が中国製の安物眼鏡フレームを買うことを当然のことと考える。今日のような日本からの企業の移転が続けば、グローバリズム信奉者が理想とする社会が生まれることになる。


    日本の財界人には、構造改革派、つまりグローバリズム信奉者であり緊縮財政主義者が多い。とりわけ中国進出に熱心な経営者ほどこの傾向が強い。筆者の感想では、昔の財界人や企業経営者はもっとまともであった。

    昔なら経済が不調になれば、財界は政府に財政支出による需要創出を求めた。当然の要求である。ところが土光会長の登場で、財界の性格が変わった。特に土光会長が臨調の会長に就任し、行政改革を推進する立場に立った頃から財界の要求がおかしくなった。

    中曽根政権時に、少し景気が後退したため、政府は補正予算を組んだ。ところが土光会長がこれに涙を流して抗議をした。この「涙の抗議」が美談となった。しかし当時の日本経済は、過剰設備が顕在化し、一方、過剰貯蓄が発生していた。つまり理論的に補正予算は極めて正しい政策であった。

    中曽根政権の時には、たまたま米国ではレーガンの高金利政策によって米ドル高が続き、日本からの輸出が大きく伸びた。このため中曽根政権時代に緊縮気味の財政運営を続けたが、その割には経済は大きく落込まなかった。しかしそのツケが85年のプラザ合意で回ってきて、超円高になったのである。

    土光会長の緊縮財政論はめちゃくちゃであったが、当時経済が大きく落込まなかったため、土光会長の清貧の思想が国民的支持を受けることになった。それ以降、財界にはばかの一つ覚えで、財政支出に反対する者が増えた。しかしバブル崩壊後デフレ経済が続いており、この状況で緊縮的財政を行えば、外需依存を強める他はなくなり、この結果どんどん円高になった。これを政府・日銀の為替介入である程度誤魔化して来ているのである。

    このように日本においては政治家、官僚、経済学者、エコノミスト、そして財界人がみごとに構造改革派に席巻された。緊縮財政が続けられ円高が進み、日本企業はグローバリズムに活路を求める他はなくなった。この結果、大量の日本企業が中国進出することになった。そこに中国での反日騒動が起った。これら構造改革派の人々は今焦っているのである。


  • 中国の反日勢力は親日勢力?
    次に日本の企業が中国にのめり込むことになった中国側の誘因を考える。一つは中国が、WTOに加盟しながらいまだに高い関税を維持し、中国への製品輸出を困難にしていることが挙げられる。さらにもっと重要なことは、為替を実力より考えられないくらい低く維持していることである。したがって中国国内で製品を売るためには、日本企業は生産拠点を中国に持つ必要に迫られた。

    中国の為替政策は、ようやく米国でも問題になっている。米国議会は、人民元は27.5%低く維持されており、27.5%の報復関税をかけることを主張している。しかし筆者は、とてもその程度ではないと考える。人民元の実際のレートは少なくとも購買力平価の4分の1になっており、報復関税をかけるのなら300%が適正と考える。とても27.5%程度の報復関税では、米国産業は中国に対抗できるはずがないことは容易に解るはすだ。

    この300%は人民元の購買力平価を基に算出したものであり、これには異論があるかもしれない。実際、300%の報復関税ということになれば、中国の貿易収支はかなりの赤字となろう。しかし適正な報復関税率については別の機会に取り上げることにして、中国の人民元は異常なレベルに維持されていることだけを指摘しておく。


    つまり中国の高関税率と為替操作によって、日本から中国への完成品の輸出は極めて困難になっている。長い間、日本は中国との貿易で大きな赤字を続けていたのも無理はない。しかし中国のWTO加盟の頃から局面が変わった。日本の大企業の中国への進出が本格化したのである。極めて低く維持されている人民元を利用させ、中国を生産基地にしようという中国側の魂胆が背景にある。

    日本から部品を輸出し、中国のとてつもなく安い人件費を使い、日系企業が最終製品を完成させ、日本だけでなく欧米にも輸出するという仕組が出来上がっている。しかし安い人件費と言っても、かなりの部分は人民元のトリックによる。この仕組みを「戦略的パートナシップ」と呼んでいる。中国の輸出が日本を上回ったと言っても、中国経由の日本の輸出が増えているのである。

    中国は、日本からの部品の輸入を抑えるため、大企業に下請け企業ごとの中国進出を促している。ここ数年日本の製造業は少し息を吹返したが、これは中国への部品や素材の輸出が好調だったことが影響している。しかし一方、日本国内は製造業の空洞化が進んだ。筆者の知っている零細企業は、納入先の工場が中国に移転したため、25名ほどいた従業員を全て解雇した。


    日本の製造業の空洞化は深刻である。空洞化については、いつも大田区や東大阪しか話題にならないが、地方の空洞化の方が深刻である。元々地方の製造業は、都会の地価高騰や人手不足が原因で発展してきた。しかし人件費や土地代がタダのような中国とはとても競争ができない。合理化するといっても限度がある。

    地方は、雇用の創出のためと工場誘致のために工業団地の整備を行ってきた。ところが中国のインチキ為替操作によって、日本の多くの製造業が中国に移転した。地方の工業団地はペンペン草が生えている。今、日本では何が起っているいるかと言えば、刑務所の誘致合戦である。一ケ所の刑務所の新設計画が持上がると、40くらいの地方自治体から刑務所誘致の応募があるという。

    政府や日経の論調に反して、日本は不景気が続き、犯罪が増えている。また日本の為替が相対的に異常に高いこともあって、中国人の犯罪者も大勢やって来る。つまり日本から生産拠点が中国に移転するにつれ、日本での犯罪が増え、刑務所が必要になるという図式である。これがグローバリズム信奉者が目指していた構造改革の哀れな成果である。


    中国へ進出した日本企業の数は、1万7千社とか2万社と言われているが、最近では3万社という話もある。一説では、中国に進出した日本企業は200万人の雇用を生んでいる。しかしこれは直接的な雇用数であり、間接的なものを含めば、数百万人の雇用を創出していることになろう。実際、人民日報は日系企業関連の就労人口が920万人と言っている。これが日本の雇用に影響を与えないはずがない。

    中国で反日騒動は、これまでの流れを逆転させる可能性がある。もしこの結果、一旦中国に進出した日本企業が戻ってくれば日本経済にとってプラスである。まさに中国の反日勢力は、日本経済にとっての親日勢力と言える。今日人民元の切上が噂されている。かりに人民元が切上されなかったり、切上が不十分な場合には、日本は中国からの製品輸入を制限すべきである。この場合には中国に進出した日本企業の製品も同じように輸入制限の対象になる。



日本では、ヴァーチャルな経済数字が一人歩きし、現実の経済政策に悪影響を与えている。日本の国・地方の累積債務額もその一つである。来週はこのヴァーチャル経済数値を取上げる。

3月25日に悲惨なJR西日本の脱線事故が起った。死者が107名、負傷者450名以上と国鉄民営化後最大の事故である。まだ全体的な事故原因は解明されていない。ただJR西日本の経営体質が深く関係していることは確かのようだ。

事件の解明が進むにつれ、JR西日本の社員の実態の特異さに人々は驚かされている。社員全体がまるでロボットである。末端の社員は、自分で判断しない。一方、上司はマニュアルに乗っ取って命令を行う。自分達の守備範囲をきっちり守り、これからは一歩も踏み出さない。まるでJR西日本の社員は正社員というより、究極の派遣社員のようである。全社員がバラバラ(特にJR西日本は組合もバラバラ)であり、それぞれが分割管理されている。社員は人間というより、なにか機械の歯車のような存在である。

利益追求のためには効率化が必要である。効率化こそが今回の事故のキーワードである。効率化の一環として成果主義を導入し、これについて行けない社員にはペナルティーを課す。また目先の利益を得るためには、どうしても安全は軽視される。

しかしよく考えてみれば、日本全体がJR西日本のやっているような方向に進んでいる。昔は、社員を整理したりリストラすることは経営者にとって恥ずかしいことであった。ところが今日では、大胆なリストラを行う経営が誉められる。効率を求める構造改革こそがもてはやされる。この結果、日本経済は不調であるが、たしかに企業の利益だけは伸びている。たしかに民間企業にとっては効率とか利益は重要である。しかし以前の日本の平均的な会社経営は、世間体や社員の人間関係を、また利益と言ってももっと長期的なものを重視した。


旧国鉄は、分割民営化の際、借金の大半を国の長期債務(毎年政府支出で償却しているが、これは乗数効果を生まない)として、残りをJR各社が引継ぐ形にした。JR各社、特に東日本、東海、そして西日本はその旧債務の返済を急いでいる。早く借金を返して、国の関与をなくしたいのである。このためには経営の効率化を進め、不採算路線は切離し、第三セクターに移譲している。あまり話題にならないが、第三セクターに移譲されたローカル線は次々に廃線となっている。

今日無人駅になっているところでも旧国鉄時代には数十人の駅員がいたように、昔は異常な経営がなされていた。教条的な左翼の組合が強かったからである。分割民営化はこの過激派の組合を排除するための手段であった。ところがこの左翼組合の排除に成功したが、教条的な構造改革派のJRができ上がったのである。特にJR西日本はこの傾向が強い。しかし日本のマスコミの報道は異常である。ちょっと前までは、JR各社が民営化されたことによって良くなったと褒めそやしていたではないか。まるで民営化で全ての問題が解決されたと言った論調だった。ところが今度は、JR西日本だけがおかしいという言い方に変わった。筆者は、むしろ構造改革運動の進展によって、日本中がおかしくなっていると考える。

今回の脱線事故では現JR西日本の社長が矢面に立っている。しかし今日のJR西日本の体質が出来上がるには、むしろもっと前の経営者が深く関係していると考える。筆者が注目する人物は井手正敬取締役相談役である。井手氏は、民営化後のJR西日本をリードしてきた人物であり、今日のJR西日本の体質を形づくってきた。ところが不思議なことに今日の脱線事故では、どのマスコミもこの人物を取上げない。

井手氏はJR東日本の松田会長と並んで、構造改革派の最右翼の経営者である。効率経営を追求し、利益を上げることを至上命題にしてきた。頑固な公共投資の反対論者でもある。そしてこの人物で忘れないことがある。以前井手氏は、日経新聞紙上で「日本においては、これ以上の新幹線の新建設は不経済であり、不要である」と強く主張していた。日本の地方には新幹線は贅沢過ぎると言っていたのだ。ところが驚くことに、その一方で井手氏は中国に日本の新幹線を熱心に売込み行っている。つまりこのように井手氏は、今週号で述べた中国への経済進出を主導する構造改革派経済人の典型的な一人なのである。

亀井静香勝手連の掲示板のアドレスが変更された。新しい掲示板には亀井静香勝手連のトップページから入ってもらいたい。亀井静香勝手連のアドレスは(亀井静香勝手連のホームページhttp://www.nb-j.co.jp/katteren)である。



05/4/25(第387号)「鎖国主義への誘惑(その2)」
05/4/18(第386号)「鎖国主義への誘惑(その1)」
05/4/11(第385号)「ノストラダムスの大予言」
05/4/4(第384号)「法律と現実社会との間」
05/3/28(第383号)「株式に関する非常識」
05/3/21(第382号)「人とグローバリズム」
05/3/14(第381号)「資本とグローバリズム」
05/3/7(第380号)「貿易とグローバリズム」
05/2/28(第379号)「マスコミの暴走」
05/2/21(第378号)「マスコミが流す誤った概念」
05/2/14(第377号)「日本のマスコミの権力指向」
05/2/7(第376号)「日本のマスコミの体質」
05/1/31(第375号)「財政当局の変心」
05/1/24(第374号)「経済成長の条件(その2)」
05/1/17(第373号)「経済成長の条件(その1)」
05/1/10(第372号)「中国経済の実態」
04/12/13(第371号)「第一回財政研交流会」
04/12/6(第370号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その3」
04/11/29(第369号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その2」
04/11/22(第368号)「構造改革派の常套手段」
04/11/15(第367号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その1」
04/11/8(第366号)「第二次南北戦争」
04/11/1(第365号)「妄言・虚言の正体」
04/10/25(第364号)「クライン博士を招いてのシンポジウム」
04/10/18(第363号)「日本経済のデフレ体質の分析(その3)」
04/10/11(第362号)「日本経済のデフレ体質の分析(その2)」
04/10/4(第361号)「日本経済のデフレ体質の分析(その1)」
04/9/27(第360号)「豊かな社会ーー競争と共生」
04/9/20(第359号)「レーガンの規制緩和の実態」
04/9/13(第358号)「今こそ大胆な政策転換を」
04/9/6(第357号)「虚言・妄言が跋扈する世の中」」
04/8/30(第356号)「日本の「韓国化」」
04/8/2(第355号)「日本の分割統治」
04/7/26(第354号)「自民党大敗北の要因分析」
04/7/19(第353号)「参院選で見たもの」
04/7/12(第352号)「日本のエネルギー自立政策」
04/7/5(第351号)「危うい石油の確保」
04/6/28(第350号)「テロと中東石油」
04/6/21(第349号)「対談の論点(再)」
04/6/14(第348号)「対談の論点」
04/6/7(第347号)「富の分配と公正」
04/5/31(第346号)「小泉首相訪朝の成果」
04/5/24(第345号)「日本に必要な財政赤字政策」
04/5/17(第344号)「土地売買の盲点」
04/5/10(第343号)「日本経済の体質と財政政策」
04/4/26(第342号)「凍り付くマネーサプライ」
04/4/19(第341号)「デフレ体質の日本経済」
04/4/12(第340号)「火星の土地」
04/4/5(第339号)「円高は構造的」
04/3/29(第338号)「規制緩和に飛びつく人々」
04/3/22(第337号)「矛盾の出発点」
04/3/15(第336号)「日経の貧乏神」
04/3/8(第335号)「実感なき経済成長」
04/3/1(第334号)「為替介入ではなく財政支出を」
04/2/23(第333号)「為替介入への道」
04/2/16(第332号)「為替介入資金の働き(その2)」
04/2/9(第331号)「為替介入資金の働き(その1)」
04/2/2(第330号)「為替介入政策の限界」
04/1/26(第329号)「今日の政治課題」
04/1/19(第328号)「今年の政局の課題」
04/1/12(第327号)「今年の日本の景気」
03/12/15(第326号)「日本の公的年金」
03/12/8(第325号)「足利銀行の破綻処理」
03/12/1(第324号)「日本経済を支えているもの」
03/11/24(第323号)「総選挙結果から見えるもの」
03/11/17(第322号)「総選挙結果の分析」
03/11/10(第321号)「総選挙の結果他」
03/11/3(第320号)「総選挙の予測」
03/10/27(第319号)「動態的会計による企業価値算定」
03/10/20(第318号)「道路公団、財務諸表の怪」
03/10/13(第317号)「藤井総裁解任劇」
03/10/6(第316号)「総裁選と総選挙」
03/9/29(第315号)「総裁選の総括」
03/9/22(第314号)「ドキュメンタリー総裁選」
03/9/15(第313号)「レポート総裁選・・その2」
03/9/8(第312号)「レポート総裁選」
03/9/1(第311号)「混迷の終始符」
03/8/25(第310号)「急がば回れ・・再び」
03/8/18(第309号)「自民党の総裁選に向けて」
03/8/4(第308号)「日本の実稼働率」
03/7/28(第307号)「設備投資の実態」
03/7/21(第306号)「企業経営と創造的破壊」
03/7/14(第305号)「頭が破壊されている人々」
03/7/7(第304号)「頭が混乱している構造改革派」
03/6/30(第303号)「経済の循環(その2)」
03/6/23(第302号)「経済の循環(その1)」
03/6/16(第301号)「経済政策の混乱」
03/6/9(第300号)「りそな銀行の件」
03/6/2(第299号)「規制緩和と日本経済」
03/5/26(第298号)「経済学と経営学」
03/5/19(第297号)「政府紙幣発行の認知度」
03/5/12(第296号)「滝田洋一氏への反論」
03/5/5(第295号)「政府紙幣発行政策の誤解」
03/4/21(第294号)「逆噴射の財政政策」
03/4/14(第293号)「危機管理下の経済政策」
03/4/7(第292号)「国債の管理政策」
03/3/31(第291号)「経済再生政策提言フォーラム」
03/3/24(第290号)「日本の有名経済学者達」
03/3/17(第289号)「波乱の株式市場」
03/3/10(第288号)「政府貨幣の理解」
03/3/3(第287号)「軽視される高橋是清の偉業」
03/2/24(第286号)「日本の清貧の思想」
03/2/17(第285号)「日本のデフレの原点」
03/2/10(第284号)「小泉首相の「もっと重要なこと」」
03/2/3(第283号)「スローパニック経済」
03/1/27(第282号)「所得を生むマネーサプライ」
03/1/20(第281号)「マネーサプライ政策の限界」
03/1/13(第280号)「データに基づく経済論」
02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー

日頃忙しいビジネスマンへのオンラインマガジン